大寒です。寒くなりそうです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集長の田村です。

先ほどスマホの天気予報を見てみたら、来週の月曜日には、曇りのマークとともに、雪だるまのマークがついていました。

思えば明日は、大寒の入りです。

大寒は、二十四節気の暦で24番目にあたる節気で、節分まで、その名前の通り、一年で最も寒い時期とされています。

数日前、大寒波によって極東ロシアのサハ共和国の首都ヤクーツクでは、マイナス65度を記録したというニュースがありましたしたが、そこまでの寒さにはならないまでも、日本にも厳しい寒さの時期の到来です。

子供の頃は、寒い朝でも霜柱を踏んだり、バケツで凍った水を取り出してはその厚さや冷たさを楽しんだりして、しもやけやあかぎれになってもお構いなしに冬を楽しめました。

積雪の予報が出ようものなら、朝早く起きて窓を開け、外が雪で真っ白になって、しんとした静謐に神秘的で厳かな気持ちになった事も思い出します。

大人になった今では、雪の予報が出れば、電車が運行できるのか心配で、出勤するのに早めに家を出たり、雪に耐えられる靴がなかったり…とかく迷惑に感じてしまいます。

ですが、窓を開けて、雪に白くうずもれたこんもりとした景色を見れば、やっぱりウキウキとして、そしてやはりその静謐に感動するのです。

インフルエンザも流行っているようです。

皆様には、どうか風邪などひかないようにご自愛いただき、大寒を乗り切っていただきたいと思います。

極寒のロシアのニュースから、ロシアつながりという事で、今日はロシアの『ファベルジェ』のリングをご紹介させていただきます。

ファべルジェは、帝政ロシアの時代の有名な宝石商で、歴代の皇帝に納めた、ジュエリーで作り上げられた美術館レベルのインペリアル・イースター・エッグで有名なジュエラーです。

インペリアル・イースター・エッグは、豪華なスターキャストがそろった、「オーシャンズ12」という映画にも登場しますので、ご存知の方も多いかと思いますが、その映画に登場するにふさわしい、それはそれは美しい工芸品であり、美術品であり、宝飾品です。

アンティークジュエリーに多く取り入れられている、地模様が透けて見えるエナメルの技術はギロッシュ・エナメルと呼ばれており、この地模様の彫り(エターニング)とギロッシュエナメルとを合わせてジュエリーに取り入れ、さらに美しいインペリアル・イースター・エッグが生まれました。

ファベルジェのジュエリーといえば、そのインペリアル・イースター・エッグのような卵型のペンダントネックレスが人気ですが、今回ご紹介するのは、シックで上品なカラーのギロッシュエナメルの技術を施した、美しく重厚感のあるリングです。

素晴らしいケースもついた、大人の女性の美意識をくすぐるような、シックなエレガンスを形にしたような美しいジュエリーです。

あー素敵っ!!欲しいっ!!!

《商品番号 171224-063》

ファベルジェ K18WG ダイヤモンド エナメル リング D0.13ct

新入荷 出品1週目

店舗ページはこちら!
店舗ページはこちら!
SELBY ONLINE STORE Re:QUEST

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする