深い藍色。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集長の田村です。

今日は雨模様ですが、関東では観測史上最も早く梅雨が明け、すでに暑い夏がやってきましたが、西日本では長雨が続き、雨量も多く、災害の危険があるとニュースで見ております。

最大限の注意をもって過ごしていただきたく思います。

ロシアでは、4年に一度のサッカーのワールドカップの真っ最中。

【サムライブルー】と呼ばれる、我らが日本代表選手の活躍ぶりは、世界中が驚きを持って賞賛しているそうです。

グループリーグは様々な議論をもって締めくくられ、強豪がひしめく決勝トーナメントに進出したサムライブルー。

惜しくも惜しくも惜しくも散ってしまいましたが、べスト8を賭けたベルギー戦のサムライブルーの勇気ある戦い、特に原口選手の狭いコースを的確についたゴールと、乾選手の無回転のミドルシュートは「一閃」という言葉がぴったりの閃光のような輝きで、まさに衝撃。

後半終了までのほんの少しの間に見たシーンは悪夢のようでしたが、最後までゴールにこだわった結果であると思うので、残念で悔しい思いはありましたが、見ている私にとっては、日本のサッカーは強くなっていると実感して思えましたし、またドラマティックな幕引きの美しさを感じたのです。

選手がピッチを叩いて悔しがる姿、タオルを顔に当て涙する姿。もう少しで手が届きそうだった、焦がれ続けたものが、するりと手から零れ落ちた選手たちの気持ちは…、きっといろんな思いをそれぞれに抱いて、これからに繋げていくと思うので、近い未来の世界での日本選手の活躍がまた楽しみでもあります。

同じように後半ロスタイムで失点し1994年ワールドカップ出場を逃した、25年前の「ドーハの悲劇」からの現在、がその証拠です。

「サムライブルー」

サッカー日本代表の代名詞として、いつのまにか定着しました。

日本サッカー協会が、今回のワールドカップのユニフォームを発表した際に出されたニュースリリースによると、このブルーは、日本の伝統色である深い藍色で、かつて武将が鎧の下に着た藍染めの最も濃い色ということです。この色を出すには生地を叩くことから、「叩く=褐(かつ)=勝つ」という「勝利」へのげん担ぎが込められているそうです。

何とも勇ましく、まさにサムライブルーにふさわしい由来です。

勇ましいから一転しますが、エレガントなジュエリーにおいても、深い藍色が魅力の宝石があります。サファイアです。

まさにサムライブルーカラーの深い藍色が美しい宝石です。

ロシアワールドカップは、サファイアのようなブルーカラーを纏った、サムライの躍動が印象的に心に刻まれた大会だったと感じています。サファイアのように輝いたサムライブルーの大会は終わりましたが、これからのベスト8のチームの戦いも楽しみです。

《商品番号:180515-201》

Pt900 サファイア ダイヤモンド リング 2.04ct D1.23ct

値下げ 出品4週目

《商品番号:180213-099》

Pt900 サファイア ダイヤモンド リング 1.41ct D0.19ct

最終値下げ 出品5週目

《商品番号:180515-209》

Pt900 タイ産ピンクサファイア ダイヤモンド リング 3.38ct D0.76ct

値下げ 出品2週目

店舗ページはこちら!
店舗ページはこちら!
SELBY ONLINE STORE Re:QUEST

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする